クリニックにいる男看護師

クリニック所属の男看護師の日常などなど

骨粗鬆症治療薬

 

ビールが美味しいです。

 

さて、骨粗鬆症治療薬と題名ですが、

飲み薬と注射薬とさまざまあります。

 

詳しくは別記事で勉強がてら上げてみようと思います。

 

骨粗鬆症治療薬と言えばビスホスホネート剤が1番有名で種類も多いでしょう。

ビス剤もさらにアレンドロン酸、ミノドロン酸などいろいろあって一言では説明できないですね。

 

高齢者向けのお薬なのに月一回とか、忘れてくれと言わんばかりの投与間隔。

まぁ、月一処方にしておけば忘れられることも少なそうですが。

 

この内服を続けられるように、注射に来れる様にサポートしていくのが外来、クリニックにおける骨粗鬆症リエゾンマネージャーの役割となるわけでしょうか。

 

今うちの患者整理をしていますがとても追いつきません泣

 

コツコツ積み上げていかなくては

骨粗鬆症

 

 

仕事先では骨粗鬆症患者の対応を主にすることが多いです。

 

近大病院を辞めてうちのクリニックに就職してくれた方がいます。

整形も経験のある方でしたが、骨粗鬆症の薬はあまり触れてこなかったようでした。

 

環境も変われば、目にする薬剤も変わりますので、

なるべくわかりやすく伝えられたらと思います。

コロナワクチン

 

市医師会からコロナワクチン接種における、協力要請が来ました。かれこれ数ヶ月前ですが。

簡単に言えばバイトですね。

 

今日もそのバイト行ってきまして、3回目。

 

他の医療機関の方々と接する機会がないので、こんなお話してみますが、皆さん明るくて良さげな人達でした。

 

あと数回お手伝いに行く予定なので、頑張りましょ✊

神経支配

運動神経

両腕挙上、肘関節屈曲:C5

手関節背屈:C6

手関節掌屈、肘掛け伸展:C7

指屈曲:C8

指開閉:T1

 

知覚神経

母指、示指:C6

中指:C7

小指:C8

頸椎由来疼痛

C5/6神経根:僧帽筋〜肩

C7/8神経根:肩甲骨あるいは肩甲骨間

 

頸椎の神経根は上から。胸椎以下では下から。

頸椎神経根は8つだが、頸椎椎体は7個

 

 

 

 

骨折

 

ちょっと基本的なことからおさらい。

整形画像読影道場より。

 

 

 

長管骨に横から物体が衝突して起きる骨折:横骨折 transuerse fracture

横骨折は、病的骨折でも起こすことがある。

 

長管骨に強いエネルギーが働くと起きる骨折:粉砕骨折 comminuted fracture

 

ひねる外力による骨折:らせん骨折 spiral fracture

 

骨は引っ張る力tensionよりも圧迫力compressionに強い。

 

斜骨折は軸圧がかかることにより生じる。

続かない習慣

 

 

前回投稿したのが、5月ですか。

いくらなんでもサボりすぎです。サボりと言うとなんとなくブログが義務になって続かない原因になりそうです。

 

コロナ終息しませんね。

ワクチンも出てきてそろそろなのかもしれませんが、副反応副作用などデメリットな面ばかり取り上げられると打つ人は減ってしまうでしょうね。

いつのまにか

 

いつのまにかゴールデンウィークが過ぎておりました。

社会人になって初めて連休を全部休みした。

 

病棟勤務時代は連休なんて、関係なくむしろ土日祝日は割と出勤していた様に思います。

 

今年のその連休はステイホームにてバーベキューをしたくらいしかイベントはなかったですね。

 

ゆっくりできて良かったかなと思います。

 

 

さて

お題「#おうち時間

 

連休あけ、当院は受診患者さんが爆発しました。

しかも骨折ばかり。

待合室も三密を避けられず、外でお待ちになられてる方もちらほら。

 

おうちで過ごしていてもちょっとしたことで怪我されるのはなんとも言えないですね。

 

学生や子供たちの怪我は激減している様に思います。

 

 

 

我が家でも子供たち特に長男は休みの日の朝は決まって

パパ今日どこ行く?

と聞いてきます。

 

返答に困りますね。

近所の公園は閉鎖はされていませんがなんとなく気軽に行く気にもなれず。

 

先日は広告でボールを作ったりちゃんばらごっこをしてみたりと過ごしましたが、

なかなか子供たちとのお家時間は工夫が必要そうです。