クリニックにいる男看護師

クリニック所属の男看護師の日常などなど

ネタ

 

 

最近ブログのネタを探していましたが見つからず。

 

2月から働き出してる現在の職場にも徐々に慣れてきて、

さあどう個別性というか、自分の価値を見出す仕事ができるかを考えております。

 

私はクリニックにいる男性看護師。

 

ボスはきっと男を雇った意味がきっと何かあるんだと思う。

まぁもともと一緒に働いていた事と、骨粗鬆症の事とかもあるけれど、

 

ボスは急がなくていいと思うと言う。

自分自身も焦らず少しずつ自分のポジションを、確立して行こうと思う。

 

現状を見ると色々なことに手を出したくなるけれど、

 

 

 

 

骨粗鬆症マネージャーとしてもやれることはそれなりにありそう。

データの集め方も勉強せねば。

 

 

一方で、お金のお勉強も継続していきたいところです。

 

 

コロナウイルスのおかげでだいぶ景気が下り坂のようで。

日本の経済措置的なものはどうなるのでしょう。

 

お金をばらまいても、税金が下がらなければ消費は進まないと思うけどなぁ。

 

そのお金もらって何買うとか思わないし。

きっと貯蓄に回す率が高そうな。

 

いつだか配られた12000円ありましたね。

ものすごくありがたいと思う人もいれば、たったこれだけ?と思う人もいたはず。

 

今回と同額であればきっと還付されたかな?程度にしか思えない。

でも家族で3回分くらいの外食にはいけるかな。

 

 

ともあれ、

 

学び続ける姿勢は崩したくない。