クリニックにいる男看護師

クリニック所属の男看護師の日常などなど。骨粗鬆症・整形外科的な。

今日もお仕事

 

日中は暖かくなってきましたね。

 

私は看護師として、整形外科クリニックに勤務しています。

 

整形外科にくる患者さんはほとんどが、

  • 首が痛い
  • 腰が痛い
  • 股関節が痛い
  • 膝が痛い
  • 足が痛い etc

痛みや動きにくさを改善してあげるのが、整形外科なのかなと思います。

また普段診ている患者さんの多くは日常生活のを良くしたいために受診していると思います。

首が痛いと〇〇ができない。

腰が痛いと歩く事もできない。

歩け無いと移動ができない。と生活に密着している部分がかなりあります。

上肢(腕)もそうで、

肩が痛くて洗濯が干せないと言う主婦の方は少なくないです。

肘が痛ければご飯食べるのも一苦労でしょう。

 

 

以前、前の職場の整形部長医師から教えてもらったのですが、

”整形外科とか形成外科ってのはさ、人間の生きるか死ぬかを診てるんじゃなくて、生きてる上でのQOLを高めることができるんだよ”

という言葉がすごく心に沁みました。

QOL=Quality Of Life

看護学校では人生の質と習った気がします。

”痛くて出来無い”を”痛く無くなってできるようになった”を支えたいと思います。

 

また、仕事していると時々

包丁で切った

ハンマーで間違って叩いた

電鋸で誤って切った

と言った、出血したまま受付に来られる方もいます。

縫えそうなものは医師が縫合してくれますが、時々腱や神経まで切れている方も見受けられますので、そのような方は近隣の総合病院にご紹介となります。

 

痛みは確実にQOLを低下させますので、何処か痛い時には受診してくださいね。